スタートガイド

Step1 事前準備
AeyeScanで脆弱性診断を始めるにあたって、事前に前提条件や注意事項の確認、対象システムの設定変更、 関係者への周知を行います。 目次 ご利用いただくにあたっての前提 許可を得ていない環境に対してAeyeScanを使用しないこと ドメインアクティベーションの準備 巡回可能...
水, 1月 31, 2024 で 9:34 午前
Step2 アカウント作成
複数名でAeyeScanを利用する場合、任意でアカウントを追加することができます。 アカウントグループ毎に、一部の機能を制限することも可能です。 ※複数名で利用しない場合「AeyeScanへのログイン方法」のみ確認し、次のステップへ進んでください。 目次 AeyeScanへのログイン...
水, 1月 31, 2024 で 10:12 午前
Step3 ドメインの登録
対象システムのドメイン情報をAeyeScanへ登録します。 新規ドメインの登録 トップページから、①「スキャンメニュー」→②「ドメイン管理」→ ③「+新規ドメイン登録」をクリックします。 「基本情報」に対象システムの①「URL」を入力します。 対象システムにBasic認証 /...
水, 1月 31, 2024 で 9:22 午前
Step4 ドメインアクティベーション
Step3で登録したドメイン情報が、お客様環境であることを確認するために ドメインアクティベーションを有効にします。 以下3つの方法から、ご利用環境にあわせてお選びください。 ※アクティベーションスキップオプションを選択されている場合、本作業は不要です。 ※AWS API Gatewayをご利用の...
水, 1月 31, 2024 で 10:20 午前
Step5 スキャン登録と巡回実行
対象システムの基本情報を登録し、巡回を行います。 目次 新規スキャンの登録 巡回の実行 補足 新規スキャンの登録 対象システムの基本情報を登録します。 トップページから、①「スキャン一覧」→②「新規スキャン」をクリックします。 サイト・スキャン基本情...
水, 1月 31, 2024 で 10:40 午前
Step6 巡回結果とスキャン結果の確認
診断したい画面が巡回できたかを確認し、スキャンを実施します。 スキャン結果を閲覧し、脆弱性が発見されていないか等を確認することができます。 目次 巡回結果の確認 スキャンの実施 スキャン結果の確認 巡回結果の確認 巡回結果を画面遷移図で確認します。 ...
水, 1月 31, 2024 で 10:32 午前
Step7 レポートのダウンロード
スキャン結果はレポートとしてダウンロードすることができます。 セキュリティリスクの対策資料としてご活用ください。 レポートのダウンロード方法 PDF形式のスキャン結果レポートをダウンロードします。 ※本手順は、「Step6 巡回結果とスキャン結果の確認」の操作後にご利用いただけ...
水, 1月 31, 2024 で 10:31 午前