「カスタムスキャンルールセット」機能を利用することで可能です。


「カスタムスキャンルールセット」機能では、スキャンを実施する際の診断項目をカスタマイズすることが可能です。


※AeyeScanでは、スキャン時の各診断項目を「スキャンルール」と呼びます。

また、「スキャンルール」が複数集まったものを「スキャンルールセット」と呼びます。


手順は以下となります。


【手順】


<カスタムスキャンルールセットの作成>


1.「スキャンメニュー」から「カスタムスキャンルールセット」をクリックします。



2.「カスタムスキャンルールセット一覧」から「+新規登録」をクリックします。


3.スキャンルールの一覧が表示されるので、左端のチェックボックスにて、スキャンルールセットに登録するスキャンルールを選択します。

また、画面下部のボタンからスキャンルールの絞り込み、全て選択または解除が可能です。




①絞り込み(※) :深刻度や脆弱性カテゴリーなどから選択するスキャンルールを絞り込むことが可能です。

②全て選択:表示されている全てのスキャンルールを選択します。

③全て選択解除:表示されている 全てのスキャンルールの選択を解除します。


※絞り込み機能では以下の内容にて絞り込みが可能です。



4.スキャンルールの選択が完了したらカスタムスキャンルールセット名を入力、「登録」をクリックして、カスタムスキャンルールセットの作成は完了です。 

なお、「スキャン新規作成時の初期値」にチェックを入れることでスキャン新規作成する際の初期値として設定可能です。

※なお、簡易ネットワークスキャンに含まれるのスキャンルールが登録された場合、全ポートに対してポートスキャンを行います。ポートスキャンが実行できない場合は対象のスキャンルールの選択の解除が必要となります。


<カスタムスキャンルールセットの確認>

「カスタムスキャンルールセット一覧」画面から作成したカスタムスキャンルールセットを確認します。


①「スキャン新規作成時の初期値」として設定したルールセットには赤い「★」マークが付きます。
②目のアイコンをクリックすることでルールセットを無効化・有効化を行うことが可能です。

③無効化されたルールセットを表示する場合はここをクリックします。



<カスタムスキャンルールセットの利用>

作成したカスタムスキャンルールセットを利用します。

1.「スキャン一覧」から「+新規スキャン作成」をクリックします。


2.「スキャン基本オプション>スキャンルールセット」から作成したカスタムスキャンルールセットを選択します。

※「スキャン新規作成時の初期値」を設定している場合は、対象のルールセットが選択された状態となります。


手順は以上となります。