手動巡回時の「最適化」とは、画面のアクセス順序を変更することで画面数を少なくしてスキャン時間の短縮するための機能となります。


例えば、画面のアクセス順序が「A→B→C」というアクセスの場合、「A→C」とアクセスを行いCの画面にアクセスが可能であれば、「A→C」 の遷移にてスキャンを行います。
「最適化」を行うことでスキャン時間を短くすることが可能です。


ただし、画面のアクセス順序を変更するとエラーになる場合などは、「最適化」 では対応できません。