手動巡回

手動巡回の基本操作
手動巡回(リモートブラウザ)では、手動による画面の巡回が可能です。 自動巡回では巡回が難しい箇所を手動で巡回し、巡回・診断を行なうことが可能です。 また、自動巡回の画面遷移図に、手動巡回で記録した遷移を反映することや、 手動巡回の画面遷移図の途中から自動巡回を実行することも可能です。 以下にリモー...
金, 1月 5, 2024 で 1:28 午後
自動巡回と手動巡回を組み合わせたい
リモートブラウザ機能では自動巡回と手動巡回の組み合わせた画面遷移図を取得可能です。 【手動巡回結果から自動巡回を実施する方法】 1.手動巡回結果のある画面遷移図に遷移し、自動巡回を開始したい画面のカタツムリアイコンをクリックしてください。 2.「変更してこの画面から自動巡回」をクリックして...
金, 1月 5, 2024 で 10:15 午前
スキャンにかかる時間を短縮したい
リモートブラウザでの巡回開始時に「最短ルートで巡回・スキャン」を有効にすることで、時間短縮が可能です。 「最短ルートで巡回・スキャン」 とは、画面のアクセス順序を変えることでインポートした巡回結果の最終画面への遷移数をできるだけ少なくして、スキャン時間を短縮するための機能となります。 例えば、手動巡回...
金, 1月 12, 2024 で 4:15 午後
リモートブラウザでの巡回時に記録できる操作を知りたい
リモートブラウザ操作編集機能の操作画面についての設定項目や各ボタンの説明は以下をご確認ください。 ※XPathの取得方法については、こちらをご確認ください。 ■「操作」にて選択可能なイベント 操作にて設定可能なイベントは以下となります。 ・操作【click】 Xpathを手動で追加し、クリック...
水, 1月 10, 2024 で 11:30 午前
リモートブラウザで巡回した結果を修正したい
リモートブラウザでは、画面の記録中に誤った遷移をおこなった場合、指定した箇所まで巻き戻って、 再度続きから画面の記録をおこなうことが可能です。 記録中に入力間違いなどで、正常に遷移できなかった場合でも、最初からやり直す必要はありません。 【手順】 入力間違い等が発生した場合、画面の記録をやり直した...
金, 1月 5, 2024 で 10:10 午前
作成した手動巡回の結果を使いまわしたい
リモートブラウザでは、記録した操作や記録中の操作をエクスポートし、別のスキャン情報にインポートして巡回することが可能です。エクスポートした結果はjson形式のファイルで出力されます。 この機能により、一度作成した手動巡回結果を別のスキャン情報でも利用することが可能です。 【手順】 1. 手動巡回結果...
金, 1月 5, 2024 で 10:16 午前
フォーム入力後、メール受信を必要とするサイトを診断したい
メールアドレスをフォームなどに入力する場合、入力するメールアドレスは任意ですが、メール連携用メールアドレスを使用することで、新規登録機能やパスワード再発行機能の診断が可能になります。  【手順】 1.連携メールアドレス機能を利用したい画面にアクセスし、メールアドレスの入力フォームを選択した状態で、「連...
金, 1月 5, 2024 で 10:19 午前
画面遷移中に特定URLへのアクセスが必要なサイトを診断したい
リモートブラウザの操作編集機能を使用することで診断可能な場合がございます。 ※リモートブラウザの操作編集機能については、以下トラブルシューティングをご参照ください  リモートブラウザで一部の画面が巡回できない 例えば、画面遷移のために特定のURLへのアクセスが必要となるが、表示されている画面内に、 ...
水, 1月 10, 2024 で 8:40 午前
画面操作後に一定時間待つ必要があるサイトを診断したい
リモートブラウザの操作編集機能を使用することで対応可能な場合がございます。 ※リモートブラウザの操作編集機能については、以下トラブルシューティングをご参照ください  リモートブラウザで一部の画面が巡回できない   ブラウザ側での操作後にサーバ側での処理が開始し、一定時間待った後にその先の遷移が可能となる...
水, 1月 10, 2024 で 8:40 午前
手動プラグインの概要を知りたい
手動による正常遷移の追加・補完が可能です。また、自動巡回で正常遷移の取得が難しい遷移を取得し、巡回・診断を可能にする機能です。独自プラグインをインストールしたブラウザでアクセスし、操作内容を記録します。操作内容を記録したファイルをインポートすることで巡回・診断が可能になります。 ■動作確認環境  wi...
水, 1月 10, 2024 で 8:42 午前