フォーム入力値変更・再巡回画面で、入力値を変更したいパラメータ名の「ワードリストを使う」、または「末尾をランダムにする」を使用することで対応が可能です。巡回完了時(Crawled)のみ変更可能です。
 メールアドレス、ユーザIDの重複登録が出来ない。また、予約システムで同じ日付を登録できないなど、同じ値を一度しか登録できないフォームに対して有効です。


 

フォーム入力値変更・再巡回画面へは、2つのアクセス方法があります。
 スキャン詳細、またはスキャン一覧>三本線マーク>巡回結果確認>対象画面でカタツムリアイコンを選択
 スキャン詳細、またはスキャン一覧>三本線マーク>画面遷移図>対象画面でカタツムリアイコンを選択


 ①「ワードリストを使う」
 「ワードリストを使う」にチェックを入れ、入力欄にランダムな値を複数登録していただきますと、リスト内の値を上から順番に利用します。
 ②「末尾をランダムにする」
 「末尾をランダムにする」にチェックを入れていただきますと、入力値の末尾にランダムな値を追加します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明